ぶち模様が不細工よね。【手の白斑治療12】

もう性格の問題ですよね。なかなか継続的に定期的に治療をするっていうのが、どうも私は苦手なようです。自分の事とはいえ、症状が良くなりたいとは思いながらも、きちんとできないこの愚かさ・・・なんとかならないものでしょうか??

さて、おのれの愚痴はさておき。経過報告でございます。だいぶご無沙汰となってしまいました。前はどんな感じだったかも忘れつつ、思い出したかのように昔の白斑画像を見ては、あらちょっと大きくなってるな。とか、さぼりがちなのに意外と小さいじゃん。とか、思っています。

ということで、最近の状態です。

夏ですね。日焼けがありますから、昔の画像と比べると白斑周辺の皮膚が濃いですから何だかとっても目立って見えます。特徴的なのは、「ぶち」です。経験上、ここからだんだん色が広がっていって白斑箇所を改善していくというような流れですが、かなりスローペースですよ。はやく繋がってくれるといいのですが、なかなか繋がらない。

夏も過ぎて、これから日焼けもなくなってくるので、周辺の皮膚も薄くなるはず。もうちょっと目立ちにくくなるでしょう。きっと。最近は、顔の白斑がほぼなくなってきていい感じでしたが、先日再発しました。

やっぱり、ストレスと白斑って因果関係ありそうですよ。個人的にそう思います。サボリはすれど、地道になんとか治療続けて行こう。

スポンサーリンク
ダブルレクタングル
ダブルレクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする